shoooterのブログ

日々の思い出

ブラックスネークモーン

サミュエルL・ジャクソン主演

ヒロインは、モンスターに出演していた女優さんだと思うけど、名前が出てきません。

クリスティーナリッチだったかな。

何だかんだほんわかする映画でした。こういうピュアな方向性は好きですね。

人は1人じゃ生きられない!

野蛮な奴ら

上質な麻薬で一財を築いた2人に、メキシコの麻薬カルテルが忍び寄る。

植物学に精通したベンと軍隊出身のチョンと2人が共有して愛するオフィーリアが織りなす奇妙な関係。

さらにジョントラボルタ演じる悪徳警官も随所にいい仕事をしてくれます。

展開も早く観やすい映画でした!

デュアルヒットマン

殺しの依頼を頼まれて、トラックに乗り込んだが、気絶して目覚めたら依頼人が殺されていた。残されたのは依頼された2人の殺し屋。誰が何のために依頼人を殺して、2人を弄ぶのか。というサスペンスストーリー仕立て。

あまり動きのない映画でした。

コード60老女連続殺人事件

エバという窃盗課の担当が刑事課のフォローに駆り出され、犯人逮捕に貢献する映画。

次々と襲われる被害老女だが、犯人への手がかりは無く捜査も暗礁に成り上がるが、エバの推理力や洞察力によって徐々に犯人へ近づいていく。

犯人は女だが迫真の演技で、内面から怖さが出ていて演技とは思えないほどでした。

ハードパニッシャー

イギリス特殊部隊エリート隊員の両親が戦地から帰国前に麻薬の売人たちに虐殺されてしまう。母親は犯され、父親と一緒に焼かれて殺されるというショッキングな手段。その犯人達に、一人一人リベンジしていくわけだが、犯行リーダーは同じく焼死、そのほか口にセメントを流され窒息死、車で胴体を引き裂く、塩酸を頭から浴びさせる、最後にサリン注射しようとしたところ、捕らわれた妻がトランクにいることを聞き出し興奮して射殺と、エグさ気にしないストーリー展開。最後は続編を匂わせる終わり方でしたが、ないだろうなー

コピーキャット

何気なく期待せずに見たが、面白かった。シガニーウィーバーって演技力があるんだなと感じました。サイコサスペンスですが、本当にこのような悪人の信奉者による犯罪があったらと思うと寒気がします。